有田の品質

400年の伝統と最新技術の融合

日本初の磁器として約400年の歴史を誇る有田焼。
有田焼は“伊万里焼”とも言われ、優美で繊細な絵付けが有名ですが、そのルーツは真っ白な美しい白磁にあります。
約400年前、豊臣秀吉の時代に朝鮮より連れ帰った陶工李参平が、より白い白磁を作りたいとの思いから原料探しの旅をし、発見したのが有田の陶石でした。
通常いくつかの材料を混ぜ合わせないと作れなかった陶土ですが、有田の陶石はそれのみで美しい白磁を作れる完璧な素材だったのです。
有田焼の白磁は、滑らかな地肌に透明感のある白で、その上に描く絵を美しく引き立たせるものでした。
薄さと強度も兼ね備えた有田焼は、白を活かした華やかで美しい絵付けと共に、皇室献上品、海外王侯貴族の愛好品としてその文化の発展を遂げてきました。
その洗練された美しさと機能性は、日本磁器のトップブランドとして今もなお世界中の人々に愛され続けています。

弊社は佐賀県有田市に自社窯元「美風道窯」を運営しています。
美風道窯では、ストーリーカップをはじめとし、高級ホテルや料亭で使用する割烹食器を製造しています。
従来の有田焼とは異なるオリジナルの形状と色釉の組み合わせで、“料理の素材”“ソースの色”“盛り付けの表現”を活かせるオリジナリティあふれる器を独自開発しています。

aritayaki

Quality

培われた技術を継承し、新たなデザインへ

飲み物を注ぐと幸せのシンボル「四つ葉のクローバー」から、
飲んでいくと想いのシンボル「ハート」へ変化していく
世界初のストーリーを持ったStory Cup

q1

追求する白さ(White)

C.Love.Rでは有田焼のルーツである白磁にこだわりました。

陶土に必要な素材がすべて含まれている有田の陶石は「奇跡の素材」とも言われています。
その陶石から抽出される原料はわずか20%。
ストーリーカップでは天然陶石(天草陶石)より抽出される原料から、更に厳選された5%のみを使用しています。
時代と共に移り変わる食文化に合わせ。
有田焼本来の美しさを活かし、どんなシーンにも馴染む“白”。
選びぬかれた材料から生まれる輝く白さは、どんなテーブルコーディネートとも相性がよく、おちついた高級感を演出します。

丁寧な職人技(traditional)

【ストーリーカップの製造工程】

  1. 職人による手作業で商品の型を作ります。
  2. 型に石膏を流し、実際の商品の型となる「使用型」を作ります。
  3. 天然陶石(天草陶石)を打ち砕き水と混ぜ、さらにろ過して原料を厳選し型に流し込みます。
  4. 3で出来上がった原料の空気を真空の中で抜き、よく混ぜてから「使用型」に流し込みます。(生地)
  5. 生地の椀と取っ手は別々にできあがるので、丹念に接着します。
  6. 960℃の火で、約8時間半かけて素焼きします。
  7. 素焼きをした時間分、ゆっくり乾燥させます。
  8. 素焼きした商品にひとつひとつ丁寧に釉薬をかけます。
  9. 釉薬の細かい凹凸や塗りムラを手でならしていきます。
  10. 本窯に入れるため、約1日かけて商品の重心を考えながら並べます。
  11. 1270℃の火で約20時間焼成させます。“高温”“長時間”の窯焼でストーリーカップの強度が増します。
  12. 焼成後、約20時間乾燥させます。
  13. 全て検品し、ホール(釉薬の穴)、液だれ(釉薬が垂れた状態)、黒点(鉄分が浮かび上がった状態)、ヒビなどがないか確認します。
  14. ストーリーカップの完成です!

高温でじっくり長時間焼成されたストーリーカップは強度も強く、電子レンジや食器洗浄機でもご利用いただけます。

IMG_1978
IMG_0033

オリジナルのデザイン(design)

クローバーからハートへと形が変化する不思議なコーヒーカップ。
それは、大切な人との出逢いから、愛情や絆を育み現在に至るまでの幸福な物語を、コーヒーカップ内で再現しています。
2つの形を作ることはカップの厚みの変化により焼成過程でヒビや割れが生じ、400年続く伝統の職人技を持ってしても難しいものでした。
試行錯誤を重ねた最新技術による緻密なデザイン構成と、それを忠実に再現できる職人技により、ようやく完成したのがストーリーカップです。
コーヒーカップを手に取った時のフィット感、飲み進めていくにつれて変化するカップの形状、ティースプーンやそこに描くイラストも引き立つおしゃれな形のソーサーなど。
コーヒーカップ&ソーサーが毎日のコーヒータイムをより一層楽しく、おしゃれに演出してくれるデザインにこだわりました。
また、より多くの方にとっての使いやすさを追及し、デザイン性のみならず設計の一部にユニバーサルデザインを取り入れることにも配慮しました。

※コーヒーカップの形状は特許取得のオリジナルです。
※ユニバーサルデザイン
文化・言語・国籍の違い、老若男女といった差異、障害・能力の如何を問わずに利用することができる施設・製品・情報の設計(デザイン)

stc01
stc02
stc-h02
stc-h01
stc-h04
stc-h03